人工歯を装着するなら

歯ブラシを持つ女性

新しいタイプの治療法です

歯を失ってしまうと、食べたい物が食べられなくなります。歯を失うことは、野生動物にとっては致命傷となりますが、人間の場合は人工歯を装着することで、何とか食べることができるようになります。しかし、今まで行われてきた方法では、次のような欠点もあったのです。例えば、ブリッジと呼ばれる治療法では、人工歯を固定するためにその周囲にある歯を用います。そして、装着する人工歯が安定するように、健康な歯であっても削ってしまうことから、固定に利用された歯がやがて虫歯になったり、抜けてしまう原因になるのです。また、部分入れ歯と呼ばれる治療法でも上手く固定できない場合があり、生活に支障が残る場合があるのです。そして、これらの欠点を補うために生まれたのがインプラント治療で、新しいタイプの治療法です。

健康保険が使えません

インプラント治療は、抜けてしまった歯が生えていた部分の歯槽骨に、人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付けるという方法です。とても安定感があり、人工歯にジルコニア等を使うことで、より美しい仕上がりになります。ただし、インプラント治療には健康保険が使えません。要するに、インプラント治療にかかる費用は、今までの治療法に必要とされた費用よりもはるかに高くなる傾向があるのです。また、インプラント治療の成否や、治療に必要な費用は、デンタルクリニックによって異なりますから、評判の良いデンタルクリニックを見つける必要があります。それには、インターネットの口コミ情報サイトが便利で、気になる費用についても掲載されています。